10:55:07
23

ソラユメ感想6 朝峰くん

ソラユメ最後は、朝峰くんです。

もー、泣きました。:゜(;´∩`;)゜:。
終わった後、OPを繰り返し聞いて泣いてました。今もOP聞くときゅっと心が締め付けられるようで。
前回ルーエンの感想で、大丈夫かな?と思ってましたが、大丈夫でした。
下から、朝峰くんルート感想です。




*朝峰涼志
彼は他ルートでの役割がねぇ。
怖いんですよ!
皐月ちゃんへの執着とかやることが!
なので、不安になりつつもルート進めて行ったのですが、杞憂でした。
確かに皐月ちゃんへの執着心はあって、他の人間なんか知らないって感じなんですけど、皐月ちゃんと過ごすうちに彼も変わっていって。
ルーエンルートでは、ヘリオトロープに意識を呑まれた状態でしたが、担当ルートでは“朝峰涼志”として、タイムリープを望む普通の男の子。
いや、普通っていうとあれですけどね……。
1回だけの筈だったのに、明日が来ない世界でずっと一緒にいたいと際限なくこみ上げる気持ち。
二人が心を通わせていく過程が初々しくて青春の甘酸っぱさを感じつつも、今ある正常ではない状況が影を落としていて。
自分が保てなくなると気付いた朝峰くんは皐月ちゃんの前から姿を消し、とうとう明日がやってくる。

随所に現れる餘部先輩がねー。はっきりした事は言えない。でも、それとなくヒントを指し示してくれる姿にずっと見守ってくれていているんだなと。

朝峰くんとの『約束』そして、真実。
ルーエンから剣を借りて、皐月ちゃんは朝峰くんのもとへ。

これは僕の夢、空夢だよ。幻なんだ。
『夢』だと、現実じゃないんだと繰り返し言う朝峰くんの優しい声が……。 
皐月ちゃんを苦しめ無いために、悲しませないようにしようとしてるのが分かるから。

あの時遊ばなければ、指輪を見つけなければこうなる事はなかったと。
だったら二人は出会う事もなかったんじゃないか?と思いますけど、エンドはそんな別の形で繋がっていた二人の出会いで嬉しかったです。
また別の世界であろう彼らには幸せになって欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment