ソラユメ感想3 暁兄

さて、昨日終えた皐月ちゃんの従兄、暁兄の感想です。
彼はほわほわしてるように見せて、腹黒く策士ですね……。なんか色々狡い。

餘部先輩が重要なところを担ってくれてるので、彼のルート楽しみです。
お別れ切なかった。


帰り際になんか期待を持たすような、仄めかすような発言をし、帰っていく彼。
そんな暁兄に気持ちを寄せていく皐月ちゃん。

祭りの日の暗転後、夢の話であーこうなんだろうなって気づいてしまったので、甘い暁兄を見ても恐怖心で一杯でした。

彼を知りたいと思うのに、そうさせてはくれない。
そんな想いが募った結果、あの世界なんでしょうね。
正直、重たいイタイと思われても仕方無いとは思うのですが、暁兄の態度にも原因がありますから。

皐月ちゃんを助けに精神世界に来た暁兄。
皐月ちゃんは自分でも薄々気が付き始めます。
自分がヘリオトロープに願っていること、出られない理由も。

耐えきれなくなって漏らしてしまった告白のバッドエンド。
気持ちに答えられなくても、助けようとして、嫌いになれと迫る暁兄。
嫌いになれず、思わず答えてくれない暁兄を拒絶してしまった皐月ちゃん。
お互いの苦しさが伝わるこちらも好きです。

好きと言えない苦しさ。だって、言っても、答えてくれなかったら?困らせるだけならば?
閉ざされた世界でこのままでは行けないと分かっているのに。
限界へ近づいていく中で、向き合う二人。
まぁ、それでも詳しい事は言ってくれませんでしたけどね。
うーん、彼が話してくれる日はくるのか……。
意外と暁兄とルーエンの仲が良さそうなので安心しました。

暁兄は自分の事嫌いなんでしょうね。嘘つきで、酷い事を散々やってきて、自分の精神世界は暗闇だと言う。
それでも、仕事を辞めないのは、『守永』だから。
結局何の仕事をしてるのか!は、こうなんだろうなという想像はつくし、全うなものではないのは確か。
アフターSSを読むと、暁兄は皐月ちゃんを恨むという方向に向かったとしても仕方無い筈です。
でも、違う。何も知らない、汚れない皐月ちゃんは守るべき大切なもので。
それは、自分が隣に立つという選択からなるものではなくて、好きだからこそ何も言わず見守る愛情なんでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

木内 ことり

Author:木内 ことり
小説、ゲームの感想とか。

pixiv(二次創作:うたプリ)
こちらから

Twitter
総合: こちらから

ゲームレポ用: こちらから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CREDIT

top