CLOCK ZERO 理一郎感想

幼なじみという二人の関係を堪能しましたー(>_< )
互いに相手の事を分かっていて、だからこそ憎まれ口を言い合って。でも、そんな日々も楽しくて。
迷いもなく特別と言える存在。
でも、だからこそ『恋』まで遠い。

小学生パートから、いつになったら大人パートになるのかなぁなんて思ってたんですが、小学生パート大事だったね!
互いにひきたたせる構成になってたので、他キャラも楽しみです。

下から、ネタバレ有り感想。
長くなりました。




*加納理一郎(放浪者)
ビジュアル、設定、私のドンピシャ好みです。前野さんの声も良かったよ。

撫子にとって特別で近しい家族のような存在である彼。
彼女の『特別』発言に対して、深い意味はないと正しく理解してた。
だからといっても、もうちょっと素直になっとけばいいのに……と何回思った事か。
わざわざ鷹斗の所へ行かせようとしなくても良いだろう。

でもでも、素っ気ない態度の理一郎に対してふと不安になって撫子が聞くシーン。
小学生パートで一番好き。
変わるとしたら撫子の方だと思ってて、自分の気持ちはずっと変わらない。どんなことがあっても撫子の味方だと。
珍しく理一郎の素直な気持ちが聞けて、嬉しかったです。

政府、キングの狙いは撫子を自分達の世界の撫子へ意識を転送する事。
それを阻もうとする有心会(反政府側)。
しかし、有心会は政府側の弱点を得るために撫子を得たに過ぎず、人質として扱われる事に。

始めはCZメンバーでこちらも親近感が沸いた状態ですけど、彼らの2020年の世界は特別授業なんてしていないんですねー。
彼らは確かに彼らなのに、元の世界(2010年)と壊れた世界(2020年)の人物は明確には同一人物ではないという……。
これ聞いて、元の世界の理一郎は撫子を探し続けるのかと思ったら悲しくなりました。いや、眠った状態になるのかな?

ずっと近くにいた理一郎がいきなり大人として現れた事への戸惑い、そして距離的にも遠い存在となった彼に、撫子は今までとは違う『特別』な想いを持っていく。
でも、彼は、事故にあった2020年の世界の撫子を見てるんですよねー。
彼はお前はお前だろ?なんて言ってますが、違うよ!分かってない!

初めは撫子も昔話をするから、本来の世界の相手をお互いに見てるんじゃないかって思いましたけどね。

彼は撫子の運命を変えようと何回も転移して、彼女が事故に会う瞬間を何回も見てきていて。
救いたいのに、彼女は意識不明の状態へとなってしまう。
そんな彼にとって、どの世界の撫子も撫子だと思ってしまうのも無理はないかなーなんて思えてきて。
でも、やはり元は事故にあった未来の撫子なんだと思います。

雨宿りのシーンで、寒さに震える撫子に
「おいで」
って言う言葉がほんと優しくて甘くてどうしようかと(●´∀`●)

お互いに目の前の相手を気持ちを通じ合わせ矢先、撫子は政府へ引き渡される事に。
もう!甘かったね。でも、CGコメント見ると彼はこの時に、撫子を元の世界へ返そう決めてて。
残留エンドはそうならないと筈なのに!と心配になりました。


・帰還エンド
撫子は突然倒れた?眠った事になってるようですね。
この切なさ。壊れた世界の記憶は消えてしまうなんて。
でもね、こちらの世界の理一郎が笑ってるの見て、あぁ良かったねって思えるの。
エピローグで2020年と出てきた時、彼は約束を守ってくれたんだって。運命を変えてくれた事を知って(・_・、)
そして、こちらの彼も改めて約束を誓うという。
ああー、もう!


・残留エンド
事故に会う原因を取り除いた結果、世界は再構築されたそうです。
あの外国人は何者なんだ?
小学生からいきなり大学生は辛いだろう。
お互いに再構築された世界に馴染めない様子。
だから、後日談の理一郎のお姉さんの言葉に救われた気持ちになったんじゃないかな。

再構築って元いた世界もされてるよね。つまり、CZメンバーと会えるのはあの時間だけなのか。
初対面ってなる可能性もあるって事?うーん。
バッド2つも回収済みなので、次のキャラへ行きますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

木内 ことり

Author:木内 ことり
小説、ゲームの感想とか。

pixiv(二次創作:うたプリ)
こちらから

Twitter
総合: こちらから

ゲームレポ用: こちらから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CREDIT

top