PSP版めいこい 鏡花ちゃん感想

可愛いツンデレさんでした!

いや、時々、「何言ってるの?」とか「むっ」する事はあったんですけど、それが芽衣ちゃんに対する心配の裏返しだったり、恥ずかしさを隠す為になって。
あぁ、良いなぁってなりました(^_^)

「夜叉ヶ池」読んでみたいなー。

Android版アンインストールしちゃったんですが、また戻そうかなと。旧OPを見る度にこっちの立ち絵でもやってみたいなぁって思ってしまう。




*泉鏡花
芽衣ちゃんと同じく物の怪が見える能力を持った鏡花ちゃん。
それが生かされてるルートでした。

芸者見習いの芽衣ちゃんを指名して、音二郎さんに茶々を入れられつつ、すっかりお気に入りと周囲に認識されてるとか。
おまけ小話の先生の日記に書かれてて。ニヤニヤしてしまいます。

母の形見であったうさぎの置物の下りに、そんな事がと新鮮に感じました。
あの黒猫は、春草さんのとこの黒猫だよね?

芽衣ちゃんがどこから来たのかも話す事になり、その後芽衣ちゃんがいつか帰ってしまう事を知るわけですが。
帰るということを聞いてショックだったろうし、何よりその言葉を何でもないように口に出した芽衣ちゃんが腹立たしく感じられたのかもなぁなんて。

芽衣ちゃんによる、「私○○さんが好きなんだ……」って気付くシーンが無いのは、うすうす自覚してたけどそこから目を逸らしてたのかなって。音二郎さんに言われた時すんなり受け止めてよね。

告白シーン
「僕が勝手にあんたのこと好きなだけ……」
の言葉が好きで!
このシーンはホント切ないよね。

うさぎさん消えてしまったの!?と思ったけど、戻ってきて良かったー。


・明治エンド+アフター
アフター、音二郎さんにしんみり。でも、数年、数ヶ月で帰ってくるんだよね。全国回るんだもんね。
結婚したら、流石に芸者は。でも、指名するんだね、鏡花ちゃん。
そのお金の幾ばくかは、芽衣ちゃんの給料として入るんだろうけど。

・現代エンド
やっぱり可愛いなぁ。
先生の家ってまだあるの?

・帰還エンド
また会う事は出来ないってわかってるから切ない。
この手を振り払ったら、僕からさよならしてあげる。
そんな、鏡花ちゃんが優しかった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

木内 ことり

Author:木内 ことり
小説、ゲームの感想とか。

pixiv(二次創作:うたプリ)
こちらから

Twitter
総合: こちらから

ゲームレポ用: こちらから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CREDIT

top