22:22:39
01

読メ10月分

早いですね。もう11月。
明日は地元のお祭りなので楽しみです(*^^*)


・「黒猫の遊歩あるいは美学講義」
黒猫シリーズ1巻。
美学講義については、雰囲気だけ味わってます。ポオの小説も読んだ事がない。
黒猫と私の穏やかなロマンスが好きです。互いに好きとは言わないけれど、憎からず想ってるって伝わってくる。
最後の「僕の好きな眺めがここにある」のセリフが!
今月、短編が発売予定ですが、まだ2,3巻未読。


・「ホリミヤ」
本屋で表紙絵を見て気になり、あらすじで良さそうと思って買ったもの。
二人のじれったい青春恋愛にやられました(>_<)確かに微炭酸!
学校と外では見た目が違う自分たちを知ったことから、秘密を共有する事に。
周りの友達と過ごす日々と家で過ごす日々を重ね近づく二人。
実際、男子が髪の毛長いとうっとおしそうとなりますけど、マンガだとカッコ良く見えますね。
1,2巻買った後、明日続き買おうとしてたのにリーダーにあると知ってそっちで3,4巻買っちゃったけど、ちゃんと手元に欲しいな。
これ、Webマンガ(といっても四コマのような)リメイク版で、原作の方も読みに行ってしまいました。


・「BEAR BEAR」
こちらもきゅんきゅんものです!
男の子、髪長いよ!
くまさん好きなヒロインとくまさんの中の男の子の話。
笑ってしまう要素もありつつ、甘酸っぱくもあり。
「トリコロール」も良かったので、次の作品も期待。
2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2858ページ
ナイス数:8ナイス

ホリミヤ (4) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ (4) (Gファンタジーコミックス)
読了日:10月29日 著者:HERO,萩原ダイスケ
ホリミヤ(3) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(3) (Gファンタジーコミックス)
読了日:10月29日 著者:HERO,萩原ダイスケ
ホリミヤ(2) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(2) (Gファンタジーコミックス)
読了日:10月28日 著者:HERO,萩原ダイスケ
ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)
読了日:10月28日 著者:HERO,萩原ダイスケ
ルファーヌ家の秘密 レヴィローズの指輪 (レヴィローズの指輪シリーズ) (コバルト文庫)ルファーヌ家の秘密 レヴィローズの指輪 (レヴィローズの指輪シリーズ) (コバルト文庫)
読了日:10月26日 著者:高遠砂夜
シャンレインの石 レヴィローズの指輪 (レヴィローズの指輪シリーズ) (コバルト文庫)シャンレインの石 レヴィローズの指輪 (レヴィローズの指輪シリーズ) (コバルト文庫)
読了日:10月25日 著者:高遠砂夜
妖狐×僕SS (10) (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS (10) (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:10月23日 著者:藤原ここあ
黒猫の遊歩あるいは美学講義黒猫の遊歩あるいは美学講義
読了日:10月23日 著者:森晶麿
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)感想
ふわりと甘くて優しいけれど、これからやってくる歴史の波と背負う運命に今のこの二人の時間が続かないと分かるから切なくなる。カーリーについて早々明かされてしまうけれど、だからこそシャーロットに対しての行動が楽しい。しかし、示唆されてる二人の関係ってそうなのかな。
読了日:10月19日 著者:高殿円
伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 ~愛だけじゃたりない!~ (コバルト文庫)伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 ~愛だけじゃたりない!~ (コバルト文庫)
読了日:10月14日 著者:湊ようこ
BEAR BEAR 2 (花とゆめCOMICS)BEAR BEAR 2 (花とゆめCOMICS)感想
「トリコロール」読んでこちらも。そこまで期待してなかったのに、もうニヤニヤときゅんきゅんで読み終えましたよ。くうぅ、可愛い。
読了日:10月12日 著者:池ジュン子
BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)BEAR BEAR 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:10月12日 著者:池ジュン子
椿坂トリコロール (花とゆめCOMICS)椿坂トリコロール (花とゆめCOMICS)
読了日:10月10日 著者:池ジュン子
狼陛下の花嫁 9 (花とゆめCOMICS)狼陛下の花嫁 9 (花とゆめCOMICS)
読了日:10月4日 著者:可歌まと
私が当家の執事です (ビーズログ文庫)私が当家の執事です (ビーズログ文庫)感想
たまには恋愛ものから離れて。英国貴族のお屋敷で働くパリスの話。とんでも執事さんではなくまだまだ成長途中がいいですね。自分達の仕事に誇りを持ってる彼らに我が身を振り返るとちょっと落ち込む。お嬢様の恋は実りそうにないですけど、頑張ってほしくもあります。続き出たら読みたい。
読了日:10月3日 著者:剛しいら

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment