うたのプリンスさまdebut 感想1

なんか、ゲームな感想が多いですけど、実はサイトを久しぶりに更新してました。短編1本ね。
月日が経つのって、早い。

ブログのアプリを入れてみた。
さくさくですね。便利。

恋戦記の予約をして来ました。特典何かわくわくです。

さてさて、Twitterでははっちゃけてます。うたプリ。
debutの発売から一週間過ぎたのか。
ライブDVDも受け取ってきましたよー♪

ゲームの方はトキヤルートが終わって、那月の5月途中。

下から感想です。ネタバレ有り。
今回のデザインは落ち着いた感じ。
オープニング曲は前から聞いていたけど、益々好きになりました。

なんだか、辛いとか酷いとかあったので心配しつつも本命の一ノ瀬さんでスタート。

春歌は事務所寮残りなのか。淋しいですね。
一ノ瀬さんが頑な過ぎて。その上での空回りに胸が痛かった。まずいよ、まずい方向に向かってるよ……。
音也の話にも耳を貸しません。
途中吹っ切れて、調子を戻したものの、また悩み始めて。
今までHAYATOだった事が、プラスでもありマイナスでもある。
必死過ぎて、一人で抱えこんで、もうっなんなのって気分になった。
それでも春歌にだけは弱いところも見せてくれる。
曲にあったシナリオに嬉しくなりました。
影踏みして遊んだりね。
そして、穏やかな時が続いていたものの、懸念していた事が起きましたよ。何かありそうとは思ってたけどね。
何て、春歌は潔いんだろう。
夢を託して、事務所辞めちゃうとか(・_・、)
二人で並んで進む筈だったのに。互いに夢を叶えていく筈だったのに。
もう、どうなっちゃうの!?終わりが気になって仕方なかった。

そして、迎えた恋愛エンド。
曲を聴きに行って会いに行くかと思ってました。そうだよね。それじゃあ、離れた意味がないよね。
「探しものは見つかりましたか?」
ここの柔らかな声が好きです。
しかし、一番始め、出会った桜の木で再会とか憎い演出をしてくれますね。
戻る事に渋る春歌を必死で説得。
今度こそ、二人で。足を揃えて進んで欲しいです。


嶺ちゃん先輩がいい人でした。
おちゃらけているようで、実は意外と回りを見てるし、仕事も真面目。ちゃんと実力はあるけど、売れない人。先輩ルートが出たらホイホイされますね。
プリンスさま達と違って余裕がある。
後半めっきり出番が減っちゃいました。

辛かった今回のストーリー。他のキャラもそうらしいですが……。
恋愛糖度は、今までに比べるとぐっと控えめ。
二人の世界から、今度はチームですからね。先輩や友情にスポットが当たっても、まぁ仕方ないかな。恋愛エンドをもう一つ欲しかったけどね。
アイドルをしていく上での厳しさをぐっと押し出した形かなぁと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

木内 ことり

Author:木内 ことり
小説、ゲームの感想とか。

pixiv(二次創作:うたプリ)
こちらから

Twitter
総合: こちらから

ゲームレポ用: こちらから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CREDIT

top