• --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善徳女王

韓国ドラマ「善徳女王(ソンドク)」にはまってます。
まだ4話目だけど。

最近、日本のドラマ見ても楽しくないぁって、テレビがつまらなくなってて、前から気になってたので手を出してみました。
母が撮りためてることは知ってたので。でも、母は時代物好きじゃないから積極的に見たいとは思わないらしい。私が見て、感想と話の流れを教えてます。

あらすじをさっと。
王宮で人を巧に動かし王妃の座を狙うミシル。
「北斗の七星が八つになるとき、ミシルに立ち向かえる者が現れる」との託宣が下る。
そして、王に双子の王女が生まれる。双子は不吉だとされ、王は片方を王宮を逃げ出させる。
同時に、空には、八つ目の星が生まれていた。


私、こういうの好きで。「選ばれた子」とか「運命に立ち向かう」とか。
まだまだ、これからなんでしょうがね。王宮の王女(姉)も段々逞しくなっていくようだし。妹もようやく、国に戻って来たところで。
でも、毎回思うのが「ミシルさん、凄い!」です。
だって、凄いんだ。にこやかな顔して、脅してくるんだから。皆、良くついていってるよねと思う。


話は長いので、少しずつ見ていこうと思います。
後、「一枝梅 イルジメ」も、もう一回見たいなぁ。
これも、義賊となり正体を隠して父の死の謎を追う主人公と敵側のお嬢様とロマンスや「実は、異母兄弟」とか、ツボなストーリーでした。最後がちょっと残念だったけど。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

木内 ことり

Author:木内 ことり
小説、ゲームの感想とか。

pixiv(二次創作:うたプリ)
こちらから

Twitter
総合: こちらから

ゲームレポ用: こちらから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CREDIT

top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。