「マイプリ」感想2

今日最終回を迎えますよ!!
韓国ドラマは大抵最終回が残念な事が多いとはいえ、後でゆっくり見ます。
まだそこまで見れていない。

へヨンさんの「なんだ、ときめいたのか?」
の台詞にときめいたよっと全力で返したい。

敵なのに、一番憎い相手じゃない。
時々優しい事言ったり、思わせぶりな言葉を言うたび、あーもうっと思います。

特に、ソンが自分のこと好きなんだって分かってからは、悩みまくってますね。
事務官としての立場と、彼女により財産が相続されないこともあり複雑。
それでも、彼女の悲しむ顔というより、立場が悪くならないように頑張ります。
表立って助けられないから。
だから、憎まれれるような冷たい態度もとるし、突き放そうとするんだけど……。

「君はきれいだ」とか「いつから好きになったんだ?」とか。
抑えきれてたいですよー。
「君は失恋していない」ってさっき他の人と結婚するって言ってたじゃない!
男関係を知りたいのは貴方よね?
「皇女を辞めれば家族の元へ戻れる。僕のところにも……」
さらっと本音もれてるよ。でも、戻る以前の関係でしょ。
つっこみどころ満載です。

こっちではああ両思いなのにって感じですが、主人公は振り回されている。当たり前よ。

でもね、とりあえず私が見終わった回では、等々言ってしまうのですね。
まぁ、職を失うピンチだしな。そんなすんなりいくとは思ってないけど、楽しみ。

完全版をレンタルして来ようと考え中。
スポンサーサイト

「マイ・プリンセス」

ゆっくり進んでいます。頁作り。
とりあえず、小説の個別部屋を完成させようかと。トップは後でもいいし。
それで書いたのを印刷で出してるところに父がきてしまって。
はずい、ばれたら、ものすごくまずい。見つからないように、隠しました。


今日からみ始めた韓国ドラマ「マイ・プリンス」
撮りだめしていたので。5話まで見ましたよ~。

もう、きゅんきゅんです。ああ、恥ずかしい。でも楽しい。
OPもきらきらで。

あらすじは……

私がいきなりプリンセス!?
お金を稼いだり、助教授に恋をしたりと普通に暮らしてた主人公、ソル。
世論では大統領が皇室再建計画を発表していた。
探していた人物から、彼女は自身の素性を聞かされ、皇女として担ぎ出されるが……。

まぁ、王道です。

相手役はバイト先で知り合った外交官、ヘヨン。財閥の孫。
皇室再建になると、財閥の財産は全て市民に還元されてしまうことから主人公を逃がすの手伝ったりする。
何でも出来る有能な人らしいけど、主人公に振り回されたり、あらぬことを口走ったりと。
鈍感で、詰めが甘く、どこか抜けてる人に思える。そこが、かわいいなぁとも思うけど。
「私の恋人です!」だなんて言ったときには、恥ずかしくて見れなかったよ。主人公を助けるためだとわかってはいてもさ。
「君を守る為だから仕方ない」とか。
ソン・スンホンがかっこいいってのあるけど。(夏の香り好きだった)

でも、現時点ではそれぞれに好きな人がいる状態で、信頼しているってのが正しいのかな。外堀は埋まってってるけどね。
惹かれあって、自身の気持ちに気づき始めた時が楽しみで仕方ない。
次はどうやら、皇女教育として宮殿にやってくるようになるみたいなので、うわぁ楽しみ。


ライバルである館長さん。
この人がねぇ。初恋の人である助教授か、外交官のへヨンさんかどっちつかずの状態でして。どっちもキープしているなんて、はっきりしてって思うんだよね。
どちらも、この館長さんが好きなわけだし。


主人公の片思い相手、館長の初恋の人である助教授。
はっきりいって、主人公に勝ち目はないと思われる。そういう風に見てないもの。


当分この作品にはまりそう。今だって続きが見たくて仕方ない。3連休で良かった。

砂丘

鳥取砂丘へ来月行くことにしました。
旅行んもパンフレットを見てたら出かけたくなって。
前から行きたいとは思っていたけれど、なかなか実際に行くとなるともういいやって気分になる。
でも、今回は行けそうです。

現在、HP作ってみようかなと挑戦中!
素材を選ぶのが楽しいけど、作り方さっぱりだよ。
家族にばれないようこそこそしてるので、出来上がるのはいつになるのか。

朝の会話

台風被害を受けた那智の滝のニュースを見た朝。
話題は熊野へ。

姉「そういえばさ、源平って熊野関係あったんだね」
(私が借りてきた平家物語を読んでいるらしい)
私「あー、うん」
姉「遥かにさ、熊野の人いたじゃない。不思議だったんだよね。何でそんなに熊野の話題が話に出てくるのかと」
私「そう」
母「あら、ゲームやってるから本借りてきたのね」
姉「いや、昔DSで遥かのゲーム買ったじゃない。それに源平合戦の話の人が出てるんだよ。昔は熊野詣が流行ってて、上皇が良く行ってたんだって。そこから政治的に関わりがあったんだろうね」
母「そういのが、わからないといけないの?」
姉「ううん。知らなくても別に」
私「ゲームして興味を持つ人は多いんじゃないかな」
母「ふーん」

身に覚えがありすぎます……。遥か4しかないことになっているのに。内心、ひやり。

三国無双6 感想

とりあえず晋の国をやってみたかったんですが、
「他の国をやってないとストーリー的にまずいですよ?」的はコメントが出てくるので(確かに時代が逆になるしな)素直に呉でストーリーモードを始めて見ました。

あれれ、体力ゲージ結構高め?かなと印象。
武将のレベルを上げていくというのが無いので、どれぐらい強くなっているかの目安がよく分からない。
孫尚香でひとまずプレイしてます。
ストーリーが長めですね。しっかりと国の話が進んでいきます。
だから、親父さんとか(いつだろうとは思ってた)、若とかぼろぼろ亡くなっていくので寂しいです。
呂蒙さんのキャラデザが変わっててびっくりした。渋いくてかっこいいおじさんになってる!前は若若しかったのに。

で、ひとまずやってたんですけどクロニクルモードじゃないと大喬は出せないと知り、クロニクルへ。
烈伝へ一直線に南下して、使用可能にしました。でも、鉄扇使いにくい……。

プロフィール

木内 ことり

Author:木内 ことり
小説、ゲームの感想とか。

pixiv(二次創作:うたプリ)
こちらから

Twitter
総合: こちらから

ゲームレポ用: こちらから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CREDIT

top