春夢

氷華さんのところで開催中「桜祭」参加作品です!



薄紅色の世界で少女は立っていた。
微かな風に白いワンピースがふわりと踊る。
少女は真っ直ぐに僕を見ていた。
君は、誰?

暖かい風が通り過ぎていく。
「広崎!」
「ああ、おはよ」
「テンション低いなぁ。もっと上げてけよ」
「いつもこんなもんだろ」
下駄箱に靴をしまい、二人は教室へと向かう。
慧達の教室は校舎に隣接されたプレハブだ。学校側は新校舎の建設を予定しているとの事。慧達がその新しい校舎に入れるかは分からないが、なるべく早く校舎は建てて欲しいものである。外の廊下は雨の日に困る。
「あれ?」
廊下に落ちているものに目を向ける。
「どうした?」
「桜の花びらだ。もう散ってなかったか?」
「あぁ。向こう一本咲いてんだよ。ここまで流れてきたんだな」
「ふぅん」
風にのって、小さな欠片がまた一つ慧の前を通り過ぎた。

その日から同じ夢を見るようになった。


また、彼女だ。
同じようにただ立っている。
どうして、そんな顔をするのだろう。
夢じゃなくて、現実で会いたい。
僕に何かあるのかと。
待っているのかと。
夢はいつも、朧気に消え去ってしまう。

「広崎。起きなさい」
突然視界に広がった景色では、先生が隣に立っていた。
「あ」
「授業中よ」
黒板では前に立たされた生徒が問題を解いている。
「すみません…」
「ちゃんと授業を受けなさい」
溜め息ひとつもらし、先生は教台へと戻っていった。

「最近、寝てること多くなったな」
「そう?」
休み時間、話しは慧が居眠りで怒られたことだ。
「俺はしょっちゅう寝てるけどさ、広崎いつも真面目に聞いてるだろ」
「真面目にってわけじゃないけど」
テストで困るのが嫌なだけである。
「成績上げといて損は無いだろ」
「そりゃそうだけどさ。まぁ、そんな広崎が寝てるってのが珍しいって事。それも頻繁に」
それは慧自身不思議に思っている。
ただふっと気持ちが違う場所に行ってしまう。
夢の中へと入っているのだ。
舞い散る花の中で立つ少女は時々寂しそうな顔をするようになっていた。
あの振っている花は。
「さくら…」
知らず言葉が零れてしまった。
「あの話か。確かにもったいないよなぁ」
「あの話って?」
返ってきた返事に戸惑った。それは相手も同じらしく
「桜の木が切られるって話だろ?仮の校門を作るからっていう」
「聞いたことないけど」
「ホームルームで言ってたぞ」
ちょっと呆れ顔だ。
「その話じゃないなら、なんで言ったんだよ」
「いや、特に何も考えて無かった。話してたのが頭に残ってたのかな」
「そっか」
言葉では言いながらも慧はそうではないことを知っていた。
あの夢の中で降っているのが桜の花だからだ。
もしかしたら、あれは。
慧の思考に一つの考えが頭をよぎった。


ひらひら降り続く世界で、彼女はいた。
誰かを待っているかのように。
「ここにいたんだ」
慧はあの切られる予定の桜の木にいた。
理由なんて無く、ただもしかしたら会えるかもしれないと思っていた。
ようやく会えた。
慧は桜の木にたたずむ彼女に近づこうとする。途端強い風が慧を押し返した。
「来ては行けないって事?」
彼女は黙ったままだ。
「夢をずっと見てた。君に会いたかったんだ」
「わたし貴方を喚んだ。喚びたくなかったのに」
初めて聞く彼女の声は、かぼそいながらも鈴の音のように綺麗だった。
「どうして?」
「貴方がわたしの贄だから」
贄?
「もう私には力が無い。だから、本能的に貴方を喚んでしまった」
「貴方の命をわたしの糧とするために」
彼女の顔を見る。泣きたくて、悲しくて、でも堪えている表情。
慧は少ずつ近づいていく。風は和らいでいた。
こんな顔が見たいわけじゃない。笑顔が見てみたいのに。
「構わないよ」
笑顔が見られるなら、それで彼女が助かるなら。
彼女の顔が一層歪んだ。
「わたしは切られるのに?」
「全てが無くなる訳じゃない。いつかまた、花は咲かせられるだろ?」
こぼれ落ちた滴が地面に吸い込まれる。
慧は彼女に手を伸ばした。

心の中で嬉しいと感じている自分がいた。
貴方の命を奪うというのに、わたしを選んでくれる事。

二人の手が重なった。

貴方と共にわたしも眠るわ。
ずっと、一緒に。

スポンサーサイト

ゲーム色々

新しいPSPのソフトが欲しいなぁと思って、買ってきました。
「三国5」と「遙か4」。

では、「三国5」から。
キャラや操作の仕方が大きく違うと聞いてたけど、ほんと違った。
とりあえずフリーで、孫小こう。
使いづらくなってる……。弓はやっぱりだめか。
まだ、1戦しかしてないので、砦とかよくわからないまま。
これからだよね。
でも、新鮮味があります。こうも違うと。

続けてる「オロチ 再臨」。
こっちの方が易しく作られてたんだと実感しました。
残すは戦国のストリーモードと手をつけてないドラマッチックモード。
女性陣のキャラばかり使ってます。男性陣で使ってみたいと思わないことが原因かも。
島左近の代わりに、濃姫をメンバーにいれようとしてるし。
あ、でも凌トウ(漢字が思い出せない)のレベルを上げてます。

「オロチ」1作目を中古で探し中。以前見かけたのになぁ。

ネオロマンス「遙か4」。
DSで少しやったことはあるものの、ちゃんと本編をプレイするのは始めて。
舞台が古代ということで、気になってました。
結構楽しいです。地道に敵を倒して行ったり、どうしたら絆が増えるか考えたり。
ストーリーも楽しんでます。
今は第2章まで。

今回で遙かシリーズを調べてみたところ、遙か3と5も気になってきました。
余裕ができたら手を出そう。 

新年度・読書めーた

久しぶりな感じだ。

会社に新人さんがやってきました~(ワーイ)
まだ、喋ってないけどね。これで、社長の注目がそっちに移った。
現段階では、どこのチームに行くかは、決まってない見たいで、でも確実に1人はレポートへ来ることは決定済み。リーダー忙しそう。
私は2年目に入りました。図面半年、レポート半年で1年。
まだまだ分からないことだらけだけど、頑張らなければ。
新人さんが入ってきて、いつも丁寧に教えてくれてた人へありがたみが沸きました。私もあんな風に教えられるだろうか。

「戦国無双3 猛将伝」を買いました。
綾御前をプレイ。使える技が多いです。
「無双オロチ」を買うか思案中。一歩前に戻るわけだしなぁ。再臨は面白いけど。
「魔王再臨」の法は、オロチと戦国のストーリーがまだです。
女性陣ばっかり使ってる状態。なので現在は、幸村と陸遜のレベル上げしてます。

先週は、母と一緒に韓国ドラマ「クリスマスに雪は降るの?」を観賞。
韓国ドラマって最後の引きが上手いですよね。最終回にがっかりするけど。

そういえば、「SP 革命篇」見に行きました。
ラスト、これからもまだまだ続くぜっで終わった……。
尾形さんとの決着はついたけどさ。
初めて、パンフを買いました。

追記から読書メーターです。3月分。
少ししか読めなかった。

*「スワンドール奇譚」シリーズ
針の魔法が読みたくて、この前ようやく古本で発見。
それから集めることしました。1作目の夜を待つ姫君はあらすじが微妙なため、買う気があまりしないです。
来月にも新作が発売とのことで、楽しみ。

プロフィール

木内 ことり

Author:木内 ことり
小説、ゲームの感想とか。

pixiv(二次創作:うたプリ)
こちらから

Twitter
総合: こちらから

ゲームレポ用: こちらから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CREDIT

top